Free-Style(フリースタイル)

ブログタイトルの由来はFree(自由)+Style(行動・考え方)=Free-Style(自由な生き方) 2016.7~フリーランスブロガー

Free-Style(フリースタイル) イメージ画像

映画・動画

この記事を簡単に言うと・映画やドラマ40,000本以上が見放題のオンライン動画配信サービス「Hulu」について紹介。・オンライン動画配信サービス「Hulu」の特徴は3つ。月額933円(税抜)で40,000本の映画・ドラマが見放題HD画質での配信様々な機器で視聴可能・オンライン動画配
『“Hulu”は月額933円で40,000本以上の映画やドラマが見放題!今なら2週間の無料お試しを実施中』の画像

この記事を簡単に言うと・映画「くまのアーネストおじさんとセレスティーヌ」を視聴してみたので、その感想についてまとめてみた。・いつもおなかをすかせているびんぼうなくまで、詩人か音楽家になることを夢見るやさしい心の持ち主「アーネスト」・ねずみの子どもたちの仕
『映画「くまのアーネストおじさんとセレスティーヌ」、仲良くすることを禁じられた“くま”のおじさんと“ねずみ”の女の子の友情物語』の画像

この記事を簡単に言うと・映画「かもめ食堂」を見ての感想をまとめてみた。・「かもめ食堂」のストーリーや登場人物はフィクションだが、お店は「ラヴィントラ カモメ(Ravintola Kamome)」として実在する。・映画「かもめ食堂」の公開から10年以上経つが、今でも十分に楽し
『映画「かもめ食堂」 フィンランド・ヘルシンキにあるラヴィントラ カモメ(Ravintola Kamome)をモデルにした作品』の画像

この記事を簡単に言うと・映画「森チャイルド44 森に消えた子供たち」を見ての感想をまとめてみた。・映画は長編小説「チャイルド44」を原作としたスリラー映画。・1950年代のソビエト連邦を舞台にした国家保安庁職員の行動を描いている。次々と起きる幼児連続殺人事件に対し
『スリラー映画「チャイルド44 森に消えた子供たち」のあらすじと感想。ベストセラー小説「「チャイルド44」を原作とした映画』の画像

この記事を簡単に言うと・映画「フライト・ゲーム」を見ての感想をまとめてみた。・映画「フライト・ゲーム」は2014年にアメリカで公開されたアクションスリラー映画。主演は「沈黙 サイレンス」や「96時間」に出演したリーアム・ニーソン氏。・映画「フライト・ゲーム」は
『アクションスリラー映画「フライト・ゲーム」 得体の知れない殺人予告犯と航空保安官“マークス”との駆け引きにスリルがあって面白い!』の画像

この記事を簡単に言うと・映画“トカレフ”を見てみての感想をまとめてみた。・映画“トカレフ”は、2014年にアメリカ合衆国で制作されたアクションクライムスリラー映画。・映画は、娘を殺害された元ギャング“ポール”(ニコラス・ケイジ)が、ロシアマフィアに対する復讐
『アクションクライムスリラー映画“トカレフ” 娘を殺された元ギャングの復讐劇、彼女を殺害した意外な真犯人とは?』の画像

この記事を簡単に言うと・映画「桜姫」を見ての感想をまとめてみた。・映画「桜姫」は、高家の名門の一人娘である“桜姫”が遊女へ墜ちる壮絶なストーリー。・映画“桜姫”は、官能的なシーンややアクションなど多彩な要素があり、めちゃくちゃな内容だった。映画「桜姫」を
『ラブストーリー映画“桜姫” 高家の名門の一人娘が遊女へ墜ちる壮絶なストーリー』の画像

この記事を簡単に言うと・闇金融業界を知ることができるマンガを原作にしたTVドラマ“闇金ウシジマくん”はぜひおすすめ。・TVドラマ“闇金ウシジマくん”は、“闇金”と“風俗”に焦点が当てられた作品。資本主義の現実を知ることができ、ちょっとHな場面も多数あり。闇金
『TVドラマ“闇金ウシジマくん”、裏の金融業界を知ることができるマンガが原作。“金融”と“風俗”の関係を知ることができて、ちょっとHな場面多数アリ』の画像

この記事を簡単に言うと・映画“スティーブ・ジョブズ”を見ての感想をまとめてみた。・映画“スティーブ・ジョブズ”は、1971年~2011年までのジョブズ氏を描いた2013年の伝記・ドラマ映画。・“アップル社”の共同設立者である“スティーブ・ウォズニアック”氏や、投資家
『映画“スティーブ・ジョブズ” 1971年~2011年までのジョブズ氏を描いた映画は、投資家にとって必見だ!』の画像

この記事を簡単に言うと・映画“東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜”を見ての感想についてまとめてみた。・映画“東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜”は、リリーフランキー氏が実体験を基にした小説を実写化した作品。小説は2006年に200万部販売された
『映画“東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜”、リリーフランキー氏の実体験を基にした長編小説の実写版』の画像

↑このページのトップヘ