Free-Style(フリースタイル)

ブログタイトルの由来はFree(自由)+Style(行動・考え方)=Free-Style(自由な生き方)。「経済・社会」「投資(為替・株)」「家庭・プライベート」「グルメ情報」「健康法・医療」の5つのテーマが基本。

Free-Style(フリースタイル) イメージ画像

相場・銘柄分析

この記事を簡単に言うと・RIZAP(ライザップ)グループは積極的なM&Aにより、業績の拡大が見込まれている。・RIZAP(ライザップ)グループは「結果にコミットするRIZAP」のCMで御馴染み。ダイエット・減量プログラムとして、最近注目を集め始めている。・RIZAP(ライザップ)グ
『RIZAP(ライザップ)グループの株価の勢いが止まらない!?RIZAPが提供しているサービスのまとめ』の画像

この記事を簡単に言うと・エアバックなど自動車安全装置を製造・販売するタカタが、早ければ来週にも民事再生法の適用を申請すると報道されている。東京証券取引所では、その真偽を確かめる為にタカタ株の売買を停止。・タカタ製エアバッグのリコール対象は世界で1億個規模
『タカタ、早ければ来週にも民事再生法申請へ。株価は売買停止状態で、東京証券取引所は報道の真偽を確認』の画像

この記事を簡単に言うと・個人的なメモ代わりに、今日報道されて気になったニュースに関するツイートについてまとめてみた。・気になったニュースの一覧は養命酒製造 株主優待制度を新設シード4連騰マクドナルド64.1億円の黒字韓国の若年層の失業率11.2%へNZ中銀、政
『養命酒酒造が株主優待制度を新設、シード24期ぶり最高益更新、マクドナルド連結経常損益が64.1億円の黒字、など』の画像

この記事を簡単に言うと・個人的なメモ代わりとして“株探”からの記事「全面高スイッチオン、常識超え“半導体バブル相場”の片鱗」を転用して紹介。・世界的な半導体需要は特筆に値するほど強い。ビッグデータの普及加速やIoT時代の到来、高機能化が進むスマートフォンなど
『全面高スイッチオン、常識超え“半導体バブル相場”の片鱗、今後株価の上昇が見込まれる割安株のまとめ』の画像

この記事を簡単に言うと・4/16(日)の夜、この日は神奈川県のとある鳥貴族に行ってきたので、その時の様子を紹介。・今回の利用はこれで5店舗目。大阪府で3店舗、東京都で1店舗利用してきた。・新メニューとして「たこ焼き風チキンボール」が登場。名前通り、衣はたこ焼きで
『株主優待消化の為の東京旅行④ 5店舗目の鳥貴族の視察、一部のメニューが刷新されるも、このビジネスモデルは限界に来ているのでは?』の画像

この記事を簡単に言うと・昨日3/30に東証1部に再上場した「スシローグローバルHD」に関する記事について紹介。・スシローは、2007年に創業家から株式を取得したゼンショーと対立。2008年に日系投資ファンドのユニゾン・キャピタルと資本提携を行い、翌年には上場廃
『スシローGLHD(スシロー)再上場で明らかになった「問題点」、回転ずし最大手がついに再上場を果たす。業界首位の「スシロー」再上場は何を示すのか!?』の画像

この記事を簡単に言うと・お家騒動でゴダゴダしている“クックパッド”に関して、その状況が四季報で解説がされいる。・直近では、社外取締役候補にコンサル会社マッキンゼー・アンド・カンパニー出身のキャリア経営コンサルタント、伊賀泰代氏が選任されたことに賛否の声が
『クックパッド、株主総会で株主が突き付けた「不信」 お家騒動で株主置き去り、株価は1年で半値に。創業者・佐野陽光氏と元社長・穐田氏、現社長・岩田氏の間に何が起きている!?』の画像

この記事を簡単に言うと・企業の存続が危ぶまれている“東芝”について、日刊ゲンダイの「株価は回復も…マネーゲームの道具と化した東芝の行く末」の記事がとても興味深い。・半導体事業売却との報道も、日本政府は技術流出を防ぐ目的で中止を勧告する方向で検討に入った。
『株価は回復も…マネーゲームの道具と化した東芝の行く末(日刊ゲンダイ)。東芝株保有中の投資家は要注意の時期に差し掛かっている!?』の画像

この記事を簡単に言うと・3/16(木)、糸井重里氏が運営する株式会社“ほぼ日”が東京証券取引所のジャスダック(JQ)市場に上場。株式会社ほぼ日は、1998年6月6日創刊の創刊以来1日も休まずにアップし続けている「ほぼ日刊イトイ新聞(ほぼ日)」を運営している。・「ほぼ
『ブログで会社設立?糸井重里が主宰する“ほぼ日”がJQ市場へ上場へ。20年間1日も休まずアップし続けた“ほぼ日刊イトイ新聞”がすごい!』の画像

この記事を簡単に言うと・東洋経済オンラインにて“鳥貴族になりたい」競合の仁義なき模倣合戦”という記事があった。飲食系の優待銘柄を保有している投資家は必見の記事だろう。・内容は成功業態を模倣するのが居酒屋業界の常鳥貴族にそっくりモンテローザも鳥貴族旋風にあ
『居酒屋系の株式保有者は必見!「鳥貴族になりたい」競合の仁義なき模倣合戦』の画像

この記事を簡単に言うと・写真専門チェーン最大手であるカメラのキタムラが、129店舗の閉鎖を発表。全店舗の約1割に当たる。・熊本地震の影響によるデジタルカメラ減産、スマートフォン販売の落ち込みもあり、売上高を従来予想から263億円減の1405億円に引き下げる。・閉店な
『キタムラ、129店を閉鎖へ デジカメ・スマホ市場縮小。』の画像

この記事を簡単に言うと・東芝の決算発表と綱川智社長の記者会見が遅延。これを受けて東芝株が急落。それに関連し、“東芝”と“安倍政権”の癒着の影の部分を説明したダイヤモンド・オンラインの記事があったので紹介。・“官民癒着”のキーマンとして今井敬今井尚哉の二人
『東芝が米原発産業の「ババを引いた」理由』の画像

この記事を簡単に言うと・本日(2/14)の正午に発表されていた東芝の2016年4~12月期決算発表が延期となった。・原発関連で生じる7000億円弱の損失が響き、前年同期(4794億円の赤字)に続き、2年連続の大幅な赤字となる見通しだった。12月末時点では、負債が資産
『東芝の株価急落「決算まだ開示できる状態にない」として、決算発表の遅延を発表。米原子力損失により、倒産の危機!?』の画像

この記事を簡単に言うと・東洋経済ONLINEにて、「塚田農場」を運営するAPカンパニーに関する記事があったので紹介。・記事の主な内容は次の通り地鶏料理を売りにした居酒屋「塚田農場」を運営するAPカンパニーが苦境に立たされている。2月10日に発表した2016年4~12月期(第3
『「居酒屋「塚田農場」、既存店33カ月割れの理由。地鶏ブーム終焉で焼き鳥店に転換も」 飲食の優待銘柄を保有している投資家は必見!』の画像

この記事を簡単に言うと・東芝の転落が示すアベノミクスの実態は、アメリカの不良債権買いと責任隠し。それが、日本NO.1の製薬企業「武田薬品」でも起きている。・武田薬品、湘南の研究員を3分の1程度に減らすことを発表。米国拠点への異動やグループ会社への転籍、退職な
『「武田薬品、湘南の研究員を3分の1程度に」、東芝の転落の二の舞になるのか!?』の画像

↑このページのトップヘ