Free-Style(フリースタイル)

Free(自由)+Style(型)=Free-Style(フリースタイル) 生き方、働き方、行動や考えも全て自由

Free-Style(フリースタイル) イメージ画像

家庭菜園・市民農園・きのこ

この記事を簡単に言うと・Oisix(オイシックス)のお試しセット、今なら17品目で1,980円(税込み)で購入可能。しかも送料無料なので、とってもお得。・Oisix(オイシックス)のおためしセットの内容は、たっぷりケールのチーズナッツサラダや九州産 かぼっコリーの他、kit Oisi
『Oisix(オイシックス)のおためしセット内容と料金・送料』の画像

この記事を簡単に言うと・スリーエム仙台市科学館で開催されいてた「きのこ展」に行ってみたので、その時の様子について紹介。・今回紹介するきのこは、毒きのこ(危険度 大)ニガクリタケドクツルタケカエンタケ「きのこ展」に関するブログ記事の第9弾目。今回は、とても危
『スリーエム仙台市科学館で開催されいてた「きのこ展」に行ってみた⑨ とても危険な「毒きのこ」編』の画像

この記事を簡単に言うと・スリーエム仙台市科学館で開催されいてた「きのこ展」に行ってみたので、その時の様子について紹介。・今回紹介するきのこは、毒きのこ(危険度 小~中)カキシメジツキヨタケクサウラベニタケコガネホウキタケコタマゴテングタケテングタケベニテ
『スリーエム仙台市科学館で開催されいてた「きのこ展」に行ってみた⑧ 「毒きのこ」編』の画像

この記事を簡単に言うと・スリーエム仙台市科学館で開催されいてた「きのこ展」に行ってみたので、その時の様子について紹介。・今回紹介するきのこは、注意が必要なきのこナラタケハエトリシメジマツオウジスギタケスギタケモドキマスタケ「きのこ展」に関するブログ記事の
『スリーエム仙台市科学館で開催されいてた「きのこ展」に行ってみた⑦ 「要注意」のきのこ編』の画像

この記事を簡単に言うと・スリーエム仙台市科学館で開催されいてた「きのこ展」に行ってみたので、その時の様子について紹介。・今回紹介するきのこは、普段目にするのが珍しい「食用きのこ」アミタケウラベニホテイシメジムレオオフウセンタケニセアブラシメジフジイロタケ
『スリーエム仙台市科学館で開催されいてた「きのこ展」に行ってみた⑥ 珍しい「食用きのこ」編 その5』の画像

この記事を簡単に言うと・スリーエム仙台市科学館で開催されいてた「きのこ展」に行ってみたので、その時の様子について紹介。・今回紹介するきのこは、普段目にするのが珍しい「食用きのこ」アイタケカワリハツシロハツアケボノアワタケヌメリイグチハナイグチチチアワタケ
『スリーエム仙台市科学館で開催されいてた「きのこ展」に行ってみた⑤ 珍しい「食用きのこ」編 その4』の画像

この記事を簡単に言うと・スリーエム仙台市科学館で開催されいてた「きのこ展」に行ってみたので、その時の様子について紹介。・今回紹介するきのこは、普段目にするのが珍しい「食用きのこ」カバイロツルタケホコリタケイタチタケハツタケアカハツウズハツ「きのこ展」に関
『スリーエム仙台市科学館で開催されいてた「きのこ展」に行ってみた④ 珍しい「食用きのこ」編 その3』の画像

この記事を簡単に言うと・スリーエム仙台市科学館で開催されいてた「きのこ展」に行ってみたので、その時の様子について紹介。・今回紹介するきのこは、普段目にするのが珍しい「食用きのこ」スミゾメシメジワタゲナラタケヌメリツバタケモドキスギエダタケカヤタケモミタケ
『スリーエム仙台市科学館で開催されいてた「きのこ展」に行ってみた③ 珍しい「食用きのこ」編 その2』の画像

この記事を簡単に言うと・スリーエム仙台市科学館で開催されいてた「きのこ展」に行ってみたので、その時の様子について紹介。・今回紹介するきのこは、普段目にするのが珍しい「食用きのこ」タモギタケアケボノサクラシメジサクラシメジウスヒラタケヒラタケ(食用)とスギ
『スリーエム仙台市科学館で開催されいてた「きのこ展」に行ってみた② 珍しい「食用きのこ」編 その1』の画像

この記事を簡単に言うと・スリーエム仙台市科学館で開催されいてた「きのこ展」に行ってみたので、その時の様子について紹介。・今回紹介するきのこは、普段目にする一般的な「食用きのこ」シイタケアラゲキクラゲブナシメジハタケシメジエリンギヒラタケマツタケ今年も無料
『スリーエム仙台市科学館で開催されいてた「きのこ展」に行ってみた① 一般的な「食用きのこ」編』の画像

この記事を簡単に言うと・先日、2015年から借りている市民農園の更新手続きをしてきた。今回は、2017年の第1弾目となる市民農園ブログ記事だ。・今年から辞めようとしていた市民農園。交通費がかかるのでコスパが悪いと感じていたが、“損得”で物事を考えるのは止めてエンタ
『今年2017年も市民農園を借りて野菜を育てるぞ!』の画像

この記事を簡単に言うと・今年もいよいよ3月へ突入。家庭菜園を始めるには丁度良い季節だ。・市民農園に関しては20日ぶりに市民農園へ、ついでに柿の収穫!などの記事を参照。・自治体や場所にもよるが、市民農園は年額5,000~15,000円前後で借りることができる“無農薬栽培
『いよいよ3月!家庭菜園を始めるのには丁度良い時期。今回は“ミツバ”の再生栽培と“ミント”の栽培に挑戦!きちんと育ったら美味しい“親子丼”や“モヒート”が頂ける!?』の画像

↑このページのトップヘ