この記事を簡単に言うと

3秒でもっとハッピーになる 名言セラピー+(プラス)【電子書籍】[ ひすいこたろう ] を読んだので、特に印象的だった所を読書メモとして紹介。

・今回は、しあわせセラピー編として、
・生まれ変わる方法
・七福神の共通点
・自由ってなんだい?
・イヤな人をちょっとだけ好きになる方法
・エスキモーが絶対口にしない言葉
・普通の毎日
の6つのセクションについて紹介。


↓ポチっと応援

にほんブログ村





ちょっと古い本になりますが、この記事では3秒でもっとハッピーになる 名言セラピー+(プラス)【電子書籍】[ ひすいこたろう ] を読んでの読書メモとなります。
sim


■生まれ変わる方法
人は、来世を待たずして、生まれ変わることができるようです。
雑誌版 ツキを呼ぶ魔法の言葉著者の五日市剛さんから、そのことを教わりました。

「人は言葉によって生まれ変わることができる」と。

「ありがとう」「感謝します」という言葉を唱えていると、ほんとうにツキっぱなしになると、イスラエルのおばあちゃんから教わった五日市さんは、そんな簡単な言葉で人生がようなるんだったら唱えてみようと思ったそうです。

すると、すぐに人に怒る気持ちが薄らいで、人間関係がガラリと変わってきたそうです。

「なにごとにも感謝して生きていこうよ」と言っても、普通は無理です。
でも、「ありがとう」「感謝します」「ツイてる」という言葉を口癖にしていると、父子となんだか楽しい毎日に変わっていくのです。

想いを変えることは難しいけどろ、言葉を変えれば思いが変わってくる。

「いや。でも言葉を変えるのも難しいです」
という場合はどうすればいいのでしょうか?

それに対して、五日市さんはこう答えています。
「わたしの場合はどうしたかというと、手に書きました」

イスラエルのおばあちゃんと会った当時、五日市さんの人生はどん底だったらしく、だからこそ、本気でこの言葉をものにするぞと、マジックで、「ありがとう」「感謝します」「ツイてる」と手に書いて、いつも目に入るようにしていて、習慣づけたそうです。

日本に戻ってからは、付箋に書いたものを車のハンドルなどそこら中にペタペタ貼っていたので、まわりは付箋だらけだったそうです。
それだけ本気で「言葉の習慣」に取り組んだってことですよね。

でも、これは本気で取り組むかいがあるように思います。
なぜなら、
人は言葉によって生まれ変わることができるから。



■七福神の共通点
福の象徴ともいえる七福神ですが、実は、ここに幸福の秘密が隠されています。

中陰の花 【電子書籍】[ 玄侑宗久 ]」で芥川賞を受賞した作家でもある住職の玄侑 宗久(げんゆう そうきゅう)さんのインタビュー記事で読ませていただたお話です。

まず、七福神を思い浮かべてください。
なにか七福神の共通点に気づきましたか?

「七福神の共通点なんてなにも見当たりません」

と思った方、それ正解です!

七福神の大黒天、毘沙門天、弁財天はインド出身、恵比寿さまは日本、あとは中国。
つまり国籍もバラバラ。

女性もいれば男性もいる。
福耳もいればそうでない人もいる。
みんなてんでバラバラ。
1-B-AMG830
てんでバラバラな人たちが集まって、、でも、楽しげにしている状態を
「福」というのだそうです。




■自由ってなんだい?
「かあちゃん、自由って一体なんだい?」
すると、かあちゃんは突然、ロープで僕を強く縛りはじめました。

「かあちゃん痛いよ! なにすんだよ!」
ロープでぐるぐるにされた僕は、手も足も動かせなくなりました。

かあちゃんに泣いて助けを求めました。
そのとき、僕は気付いたのです。

そっか、
僕はずっと自由だったんだ。


■イヤな人をちょっとだけ好きになる方法
芸人・萩本欽一さん。

「欽ちゃんって、人の好き嫌いがなさそうですよね」
と言われることがあるそうです。
でも、「この人はイヤだな」というのは、当然誰にでもありますよね。

こんなとき、欽ちゃんはどうするかというと、「嫌い」とは思わないようにしているそうです。
では、どう思うかというと…

「好きなほうじゃない」

これ、実はすごいことなんです。
説明しますね。

虹の色は何色あるか知っていますか?
日本では7色と言われています。
赤、橙(だいだい)、黄、緑、青、藍、紫の7色。

でも、海外では6色と言われることが多いそうです。
実は海外では、青と藍の区別がないところの方が多いのです。
言葉では区別がないから、それは同じ色として認識されてしまいます。
だから、海外の人は、虹は6色と思っている人が多いのだそう。

つまり、
言葉と認識は密接につながっているのです。

「あの人は嫌い」と思ってしまうと、100%嫌いな人にしか見えなくなっていしまいます。
でもよく考えてみると
イヤな人でも、もちろんいいところもあるのでしょ?

だから、「好きなほうじゃない」としておけば、いいところもちゃんと見えるようになります。


■エスキモーが絶対口にしない言葉
北極圏に住むイヌイット(エスキモー)は、毎日が生命の危機に立たされています。
そんな彼らが絶対、口にしない言葉があるそうです。

それは、「がんばろう」という言葉。
がんばると筋肉が硬直してしまうからだそうです。

北極圏という極寒地で、筋肉の硬直は致命傷になってしまいます。
飛び越えられるはずのクレバス、「がんばる」と飛び越えられなくなってしまうのです。

では、イヌイットの人たちはクレバスの前に行って飛び越えるとき、がんばる代わりに、なにをすると思いますか?

みんなで冗談を言い合うのだそうです。

笑ってリラックスしてから、飛ぶのだそうです。
「ねえ、ねえ。お前、鼻水がツララになっているよ」
と言うかどうかまでは、定かではないようですが(笑)


■普通の毎日
具体的には書けないのですが、実は、先日ものすごくショックなことがあったんですね。

それを知ったとき、僕はショックでしばらく歩けなくなりました。
こんなことははじめてのことでした。

家まで歩けないので、公園のベンチでしばらく横になっていました。

1時間くらい経ったでしょうか。
ホームレスの方が僕の隣のベンチに座りました。

僕は彼がすごくうらやましく思えました。
できることならあなたと替わりたい、と。
この人は多分、昨日と同じような普通の1日を巨言うの過ごしただろうということを想像して、とてもうらやましく思ったのです。

なんとかその日は家に帰り、次の日の朝、電車に乗りました。
すると、今度は電車中の人がうらやましく思えました。

電車の中の人たちは多分、昨日とそう変わりない普通の毎日を過ごしている。
そう思うと、隣の人に

「あなたはいま、本当にしあわせなんですよ。
昨日と変わらないってことが、なにも起きないってことが、実はほんとうにしあわせなんですよ」

と声をかけて教えてあげたい衝動にかられるほどでした。
それくらい僕にとってショックであり、ピンチだったんです。

前著「3秒でハッピーになる 名言セラピー【電子書籍】[ ひすいこたろう ]」の名で、白血病になった2歳の男の子の話を書かせてもらいました。

その子の親が僕に行った「ふつーだってことがどんだけしあわせか、わかりました」
この言葉の意味が、身に染みてわかりました。

「ふつーだってことがどんだけしあわせか、わかりました」

これ、ほんとだ。
これ、ほんとだよ。

なにも起きない普通の毎日ってしあわせだ。

そらから一か月後。
僕の引き起こした問題は解決しました。

人生最大のピンチのおかげで、普通の毎日がいかにうれしく、ありがたいものなのか、僕は知ることができました。

おかげで、いまは、コーヒーを飲んでいるだけでも、「あ~しあわせ~」って以前より思えるんですよね。
あのピンチのおかげで、ピンチくんの正体はギフトちゃんだったんだ。

「淡々と過ぎていく普通の毎日がしあわせの本質だ」

ということは、心理学博士の小林正観さんから教わっていただいたのですが、ほんとうにそうだと実感できました。


■名言セラピー 3秒でもっとハッピーになれる(しあわせセラピー編)のまとめ
・生まれ変わる方法
・七福神の共通点
・自由ってなんだい?
・イヤな人をちょっとだけ好きになる方法
・エスキモーが絶対口にしない言葉
・普通の毎日

以上、6つのセクションについて紹介しました。

“生まれ変わる方法”では、「ありがとう」「感謝します」「ツイてる」の3つの言葉の大切さが紹介されていました。
この簡単な単語を使うだけで自分の人生が生まれ変われるのです。
しかも無料で。
とても素敵なことだと思いませんか。

“七福神の共通点”では、様々な人が集まっていながらも楽しそうにしている状態を“福”ということの解説がされていました。

ところが現実の世界は真逆。
学校や会社には色んな価値観を持った人が集まっているわけですが、楽しそうに過ごしている人はごく一部です。
日本はこんなにも豊かな経済大国になったというのに、なんと寂しいことではないのでしょうか。

このことは“七福神の共通点”の話でも納得させられます。
学校や会社に色んな人がいながらも、楽しそうにやっているのが“福”。
しかし、この“福”の状態でいる所はほんの一部。
つまり、ほとんどの学校や会社が“福”の反義語である“災い”の状態なのです。

自分の生活の為、周りがそうしているから自分も、などの理由で“災い”を我慢しながら生きていくことって“幸せ”なのでしょうか。

“自由ってなんだい?”では、普段何気ない生活がいかに自由なのかが解説されていました。
これは最後のセクション“普通の毎日”でも同じようなことが言われていました。
毎日毎日同じような24時間。
でも、何も起きない普通の生活が“自由”で“幸せ”。
この事に、いかに早く気付くかが人生のポイントとも言えるでしょう。

“イヤな人をちょっとだけ好きになる方法”。
人間関係に悩んでいるサラリーマン・OLの方にとって、とても参考になるセクションだったのではないでしょうか。
“嫌いな人の中でも、長所がある”
確かに、なるほどと思わせる部分でした。

“エスキモーが絶対口にしない言葉”
これから受験シーズンをむかえます。
私も大学受験や国家試験を経験したのでよく分かりますが、試験が近づくにつれてじわじわと緊張感が高まり、試験が始まる直前は緊張のあまり硬直してしまうものです。

でも大丈夫です。
試験に受かろうが落ちようが、あなたの人生はそれほど変わりないのですから。
現にココに、大学院まで行って医療系国家資格を保有していながら、一日中PC画面に向き合いながらのんびりブログしてる輩がいるんですから(笑)

肩書きとか役職、年収とか見た目とか全然関係ない!
人生、楽しんだ者勝ち!



↓ポチっと応援