この記事を簡単に言うと
・IBJの株主優待を使って「PARTY☆PARTY」(パーティー・パーティー)に参加してみた。

・今回は、独身の友人に優待券を譲り、一緒に婚活パーティーに参加する予定のはずが。。。なお、パーティーには「年収350万円の会社員」という設定で参加。

・3回目の婚活パーティーへの参加、果たして、リベンジなるか!?



IBJの株主優待を使ってPARTY☆PARTYに参加してきましたー。
img-ibj00
この記事をより一層楽しむ為には、」(2018/9/28)の記事を一読することをおすすめします。

「PARTY☆PARTY」(パーティー・パーティー)とは?

「PARTY☆PARTY」とは、IBJが主催している婚活パーティーです。

「PARTY☆PARTY」やIBJの株主優待について詳しくは、「」(2018/9/28)の記事で解説をしています。そちらの方を参照しててみてください。

なお、過去にIBJの株主優待を使って婚活パーティーに参加した時の様子については、下の記事で紹介しています。
関連記事
「PARTY☆PARTY」詳しくは⇒PARTY☆PARTY


「PARTY☆PARTY」(パーティー・パーティー) 参加した経緯

過去のブログ記事でも言っているんですが、IBJの株主優待券「パーティー無料参加券」が毎回送られてきて、その度にゴミに捨てているのがもったいなかったんです。
そこで意を決して今年2018年3月に思い切ってPARTY☆PARTYに参加してみたんですが、婚活の現現状や厳しさを身を持って体験することができました。

私が実際に婚活パーティーに参加して、肌で感じた婚活の現状としては
【婚活市場の現状】
・20代後半~30代前半を中心に、女性の独身率が、想像以上に高い
・成婚に至るまでの期間が、想像以上に長い
思った以上に、多くの30歳前後の女性が結婚していないことに驚きました。(←結婚してそうな顔立ちの方ばかりだったので)

さて、今回は3回目の参加となりましたが、IBJの株主優待消化の為だけに「PARTY☆PARTY」に参加しても生産性もないので、今回はちゃんと目的を持たせました。それはズバリ、

独身の友人と一緒に、婚活パーティーに参加する!

です。優待券は自分名義と嫁名義分の2枚あったんですが、1枚は友人に譲りました。その方が有益ですからね。

30歳前後の女性であれば結婚に対して前向きなんですが、男性の場合だと30~35歳を過ぎたあたりから億劫になるみたいなんです。「面倒くせー!w一人の方がラクだー!」みたいな感じで。
優待券2枚を譲っても良かったんですが、1人だと婚活パーティーに絶対行きそうにない雰囲気だったので、同行してあげましたよ。ホント、世話の焼ける友人だw

今回の婚活パーティー、私は「年収350万円の会社員」として参加しました。(実際は年収12万円のブロガーw)
趣味に関しては普段この雑記ブログで書いている通り、グルメやお酒を中心に漫画や動画だったり、アウトドアだったら旅行が趣味という設定にしました。
「PARTY☆PARTY」詳しくは⇒PARTY☆PARTY

「PARTY☆PARTY」(パーティー・パーティー) 参加した様子

ということで、いざ出陣!婚活パーティーの会場へ!と思ったら、友人、当日ドタキャンするしw
仕方ないので、自分一人で「パーティーパーティー」に参加してきました。はぁ・・・優待券がもったいない・・・

なお、婚活パーティー会場内は撮影できる雰囲気ではなかった為、お相手の方の紹介にとどめておきます。ご了承下さい。

■1人目(28歳/調理師)
1人目ということで、待合で一緒になった女性。
見た目は普通でしたけど、今回の婚活パーティーでは一番タイプの方でした。

パーティー中はお互いの仕事内容とか、住んでいる所とかの話をしましたが、趣味の話はあまりしなかったかな・・・ 彼女はカメラとかドライブが趣味みたいだったので、今回の自分の設定では合わないタイプでした。

ちなみに、「パーティーパーティー」の場合、1人目の人とは通常より長く一緒にいるんですよ。(パーティー開始までの待合+終了後のアピールタイムで一緒のブースになるので)
だから、1人目に自分のタイプの人が当たると、すごくラッキーなんです!

■2人目(31歳/事務)
見た目的にはちょっと老けていたかな・・・
ただ、愛嬌が良く、食べ歩きとか旅行とか自分の趣味とけっこう合っていました。
パーティー中はお互いの仕事とか、料理とか美味しいお店の話をしました。
大阪とか京都で美味しいお店の話をしたら、すごく食いついて来ましたw

■3人目(31歳/販売)
ショップの販売員をされているらしいんですが、見た目も趣味もオタク的な感じ。
正直、このようなタイプは苦手ですw(彼女、奥さん候補として) 友人としての付き合いであれば全然いいんですけどね。
趣味はショッピングやアニメを観ることらしかったので、パーティー中はずっとアニメの話をしていました。
いやぁ~洋画やドラマだけでなく、女子受けしそうなアニメを観ていて良かったなと・・・

■4人目(30歳/事務)
高校生??っていうくらい童顔、しかもすごく小柄な体型!
今回の婚活パーティーで、一番優しくて尽くしてくれるタイプだと思いました。
パーティー中は主に家庭菜園の話で盛り上がっていたかな。家庭菜園については畑をやっているくらい(現在は休止中)だから、けっこうマニアックな話をしましたw

■5人目(31歳/医療)
看護師ではないんですが、某資格保有者で年収400~500万円。
女性参加者の中で一番の高給ですごく興味があったんですが、残念ながら今回は欠席。

婚活パーティーに3回参加してみて感じたのは、「医療従事者の女性はやはり年収が高いが、婚活パーティーをよく欠席する」ことですね。
だから、プロフィールには看護師と書いてあるんだけどよく欠席するので、実際の看護師に出会ったことはありません。
「PARTY☆PARTY」詳しくは⇒PARTY☆PARTY

「PARTY☆PARTY」(パーティー・パーティー) 結果

今回は、以上のメンバーでの婚活パーティーとなりました。
パーティーに参加した人数は通常の婚活パーティーに比べて約半数と、ちょっと物寂しい内容になっちゃいました・・・

1回目と2回目の婚活パーティーではカップルになれず、撃沈している私。前回のパーティー後には「チョーウケるんだけどw」とか「モテなくてかわいそうな奴だなw」とか嫁に笑われていた手前、今回は絶対にカップルになって嫁を見返したいわけですよ。

今回は、見た目で選んで1番目の女性に「いいね!」(アプローチ)しました。第4志望まで「いいね!」ができるんですが、1人のみにしました。

そして中間発表。果たして、結果は!?

2人目と3人目の女性から「いいね!」されました!

473335_615
おぉーーー!!やったぞ!母ちゃん(←嫁)オイラ、アプローチされたぞ!しかも、4人の参加者中2人、つまり半分の女性からアプローチされたんだぞ!!すげー!

で、でも、これはあくまでも中間発表。最終投票でお互いに「いいね!」をしないと、カップルになれないわけですよ。どうしよう。。。2人目か3人目に「いいね!」すれば、確実にカップルになれるこの状況。でも、自分が「いいね!」したのは1人目の女性。。。

ここは、1人目の女性が心変わりしてくれることを期待し、最終投票でも1人目の女性に「いいね!」しました。

そして、最終結果は、、、
fd597610-s
3回目の挑戦、また負けた。。。 そして、また嫁に笑われた。。。

婚活ってホント、大変だなぁ。。。 嫁と出会ってなかったら、自分も今頃、結婚できない独身男だったんだなぁ。。。
「PARTY☆PARTY」詳しくは⇒PARTY☆PARTY

「PARTY☆PARTY」(パーティー・パーティー) 参加してみた感想

以上、2018年9月版の、私の婚活パーティー体験レポをお送りしました。これは作り話ではなく、実際に起きた実話なんですが、お楽しみ頂けたでしょうかね?(笑)

ここで、独身男子に朗報な一つの結論が導き出せます。それは、、、

見た目が悪くても、年収が低くても、趣味が合えば望みがある!

です。

私は、デブ&ハゲで見た目が良くありません。しかも、今回は年収350万円という低収入の設定。婚活中の女性であれば、このようなタイプの男はまず避けます。

しかし、そんな条件でも今回の婚活パーティーでは、2人の女性から「いいね!」されたわけですよ。
2人目の女性とは「旅行」、3人目の女性とは「アニメ」の話で盛り上がったわけなんですが、それが成果に繋がったのかな。

つまり、「パーティーパーティー」に参加している女性は、男子の見た目や年収よりも、何を“趣味”をしているのかを重視しているってことなんですよ。
これって、見た目に自信がない。。。低年収で自信がない。。。と、婚活や結婚に対して億劫になっている世の男子にとって、朗報ですよ!

結婚を諦めている男性諸君! 自分の見た目や年収に対して卑屈になることなく、積極的に婚活をしてみてはいかが??
「PARTY☆PARTY」詳しくは⇒PARTY☆PARTY

「PARTY☆PARTY」(パーティー・パーティー) まとめ

ということで、これまで3回の婚活パーティーに参加した私なりの結論としては、

見た目が悪くても、年収が低くても、趣味が合えば望みがある!


です。この結論を導き出せただけでも、婚活パーティーに参加した意義はあったのかなーって思います。

最後に、ここまで長文になってしまいましたが最後までお読み頂きありがとうございました。婚活をする際にこのブログ記事が参考になれば幸いです。