この記事を簡単に言うと
・7/20(金)~7/22(日)の3日間、A8フェスティバルへ参加・株主優待券消化の為に、東京へ。
7/20(金)の夜に東京に到着した後は、「ヒューマントラストシネマ渋谷」にて映画を視聴した。

・今回視聴したのは「テイク・エブリイ・ウェーブ」というドキュメント映画。大会に出ることや資金集めの為に雑誌モデルになることなどを嫌った伝説のサーファー:レアード氏の生き様が描かれた作品だ。

・東京テアトルの株主優待、優待利回りは10%近くあって高利回りだが、映画館の場所に限りがある為、地方在住の人にとっては使いにくい優待だろう。



2018.7/20(金)~7/22(日)の3日間、A8フェスティバルへ参加&株主優待券消化の為に東京へ。
初日の7/20(金)は、東京テアトルの株主優待券を使って「ヒューマントラストシネマ渋谷」で映画を観てきました。
DijkJFmUwAEiDAv

東京テアトル 株主優待内容

「ヒューマントラストシネマ渋谷」や「テイク・エブリイ・ウェーブ」の紹介に入る前に、東京テアトルの株主優待についてちょっと解説します。
東京テアトルなんですが東証1部に上場していて、年2回(3・9月)株主優待制度を実施しています。
過去にいくつかブログ記事をアップしているので、そちらの方も参考にして頂ければと思います。

「ヒューマントラストシネマ渋谷」 アクセス

今回は、渋谷にある「ヒューマントラストシネマ渋谷」で映画を観てきました。



場所は、東京メトロ半蔵門線の13番出入口すぐ目の前にあります。JR線や東京メトロ銀座線からだと、ちょっとだけ距離がありますね。

ちなみになんですが、JR渋谷駅から「ヒューマントラストシネマ渋谷」に向かう途中で、「KICHIRI 渋谷 宮益坂下」というお店があります。
けっこうオシャレなお店で、ランチメニューには「バーニャカウダ食べ放題」や「ドリンクバー」が付いてきます。
食べ放題は時間無制限なので、けっこうお得ですよ。

関連記事⇒(2018/2/21)


ドキュメント映画「テイク・エブリイ・ウェーブ」

東京テアトルの株主優待券で視聴した映画、今回は「テイク・エブリイ・ウェーブ」というドキュメント映画を観ました。

■「テイク・エブリイ・ウェーブ」 予告編


■「テイク・エブリイ・ウェーブ」 主人公のレアード・ハミルトン
WD6ZF172
(※左:妻のガブリエル・リース)

サーフィンの大会に出ることや、資金集めの為に雑誌のモデルになることを嫌うレアード氏。
映画を観てるとですねー、純粋に「サーフィン」をして波に乗りたい気持ちが伝わってきました。

なるほど、好きな事に1点集中して、極み続けた人が伝説・英雄になれるんだなと。
株のトレードやブログを執筆している自分にとって、けっこう為になる作品でした。

所々、参考になるセリフとかはありますが、映画全体としてはフツーでしたかねぇ。。。


東京テアトル 株主優待を使った感想

東京テアトルの株主優待は、こんな感じで最新の映画を無料で視聴できます。
100株(およそ14万円)だけでも、年間に視聴できる映画は8本です。

映画1本観るのにおよそ1,500~1,800円かかることを考えると、優待利回りはおよそ10%弱の高利回りです!
東京テアトルは、映画好きにとってこの上ない優待銘柄ですね。

ただし、東京テアトルに関しては映画館のある場所が限られます。
東京や大阪など都市部にしかなく、それ以外に住んでいる人にとっては非常に使いくい優待ではあります。
我が家のように東北地方に住んでいるともなると、片道5,000~1万円の交通費をかけて東京へ行かないと映画を観れませんからね。

最後に、「テイク・エブリイ・ウェーブ」内でレアードが放った言葉で、個人的に強く印象に残った物を紹介し、このブログの締めくくりにします。
サーフィンだけでなく、株のトレードに通じるものがあります。

やり方を間違えれば代償を払うが、正しくやれば報われる








A8フェス&株主優待消化 東京・神奈川旅行 関連記事



2018/7/20(金)










2018/7/21(土)












2018/7/22(日)










まとめ