この記事を簡単に言うと

・株主優待消化の為の東京旅行2日目の4/17(月)。
ジェイグループHDの株主優待を使い、秋葉原にある“うな匠”で“鰻とろろまぶし”を食べてきたので、その時の様子を紹介。

・ジェイグループHDは東証マザーズに上場しており、株主優待制度を設けている。
権利月は2・8月、100株以上の保有で年間4,000円、200株以上だと年8,000円分の食事優待券が貰える。

・うな匠は鰻専門店なので、うな重やひつまぶしなどの鰻のメニューが中心。
他に季節のメニューひゃ一品料理、アルコールメニューがあるが、種類は少なめ。

・今回は2,000円(税込)の“鰻とろろまぶし”を注文。
うな重やひつまぶしより1,000円安いわりに、なかなかのクオリティだった。
全額を株主優待券でまかなったので、無料のランチとなった。








株主優待消化の為の東京旅行2日目の4/17(月)。
この日のランチは、ジェイグループホールディングス(JグループHD)の株主優待を使い、秋葉原にある“うな匠”で“うなとろ”を食べてきました。
NCM_0463


“うな匠”を運営するJグループHDの株主優待

Jグループは東証マザーズに上場しており、株主優待制度を設けています。

【優待内容】
権利月 2・8月

自社グループ国内直営店舗(一部店舗除く)でご利用頂ける「お食事優待券」を贈呈

100株以上 2,000円 (年間4,000円)
200株以上 4,000円 (年間8,000円)
600株以上 8,000円 (年間16,000円)
1,000株以上12,000円 (年間24,000円)
※1年間有効
※お食事優待券と自社グループ商品とのお引き換えは4,000円相当コースよりご用意していますが、有効期限内のものを合算してお申込みができます。
自社グループ国内直営店舗(一部店舗除く)でご利用頂ける「お食事優待券」を贈呈


【10年チャート】
jg2


【決算推移】
jg3
アベノミクスの勢いに乗って株価は上昇してきましたが、業績の低迷と共に頭打ち状態。
又、株価の上昇と共に優待利回りはじわじわ低下しています。


うな匠の店内の様子

JグループHDの株主優待関連の話を少ししたところで、本題の“うな匠”について。
“うな匠”はJR秋葉原駅前にある“ヨドバシカメラAKIBA”内にあります。



東京駅から2駅、4分で行けるので、アクセスはかなり良好です。
今回利用した“うな匠”なんですが、期待以上に良かったですよ。


うな匠 店頭
NCM_0427
“うな匠”の店頭は“うなぎ店”らしい和風の造り。


鰻せいろセット(2,000円)
NCM_0428
平日限定10食ですが、“鰻せいろセット(2,000円)”というメニューもあります。


うな匠 店頭メニュー
NCM_0429
値段が書いてないので、初めて“うな匠”を利用する人にとって、ちょっとビビりますよね…


うな匠 店内
NCM_0462
店内はわりとこじんまりした感じでした。


うな匠 テーブル席
NCM_0431

NCM_0447






うな匠のメニューブック

お店の雰囲気を感じて貰うために、店内にあるメニューブック(メニュー表)を紹介します。


うな匠 季節のおすすめメニュー
NCM_0432
鰻メニューの他にも、一品料理が揃えられています。


メニューブック表紙
NCM_0433


名古屋名物ひつまぶし
NCM_0434
三河一色産『うな姫』と、名古屋名物ひつまぶしの食べ方についての説明が記されています。


うな重上、うな重特上
NCM_0436
うな重は3,200円~
自腹で食べるにはちょっと気が引けますよね…
JグループHDの株主優待を使用すれば、お得にうな重が頂けます。


ひつまぶし、御膳、鰻とろろまぶし
NCM_0435
“ひつまぶし”や“匠御膳”の他、リーズナブルな価格で鰻を楽しめる“鰻とろろまぶし”というメニューもあります。


親子重、お子様御膳
NCM_0437
お財布の状況が厳しい人、鰻が苦手な人ややお子様の為に、“親子重”や“お子様御膳”もあります。


うなぎの一品料理
NCM_0438
“鰻の白焼”や“鰻蒲焼”、“う巻き”や“肝串”もあります。


酒肴、甘味
NCM_0439


日本酒1
NCM_0440
ここからはドリンクメニュー、主に日本酒を用意しています。


日本酒2
NCM_0441


生ビール、ウィスキー、梅酒、酎ハイ
NCM_0442


焼酎、ソフトドリンク
NCM_0443
あくまでも鰻専門店なので、アルコールメニューはそれほど多くはありませんでした。
ちなみに、メニューブックに記載されている料金は全て税込です。
“税別”表示が多い昨今、珍しいですね。


うな匠 お持ち帰りのお品書き
NCM_0444
お土産用として、テイクアウト品もあります。


JグループHDの株主優待を使い、“鰻とろろまぶし”を堪能

さて、手持ちのJグループHDの株主優待券は6枚(6,000円分)。
何を注文しようか…と色々悩んだ結果、貧乏性の私質は2人で“鰻とろろまぶし”を注文することにしました。


鰻とろろまぶし(2,000円)
NCM_0449
2,000円でこのクオリティですよ。
なかなかいい感じだと思いませんか?

鰻とろろまぶし
NCM_0450
鰻の量はうな重に比べて少ないものの、国産鰻でこだわりのある焼き方だったので、プリプリして美味しかったですよ。


肝吸い
NCM_0451
お吸い物は鰻の肝入り、しかも2つ!


お会計
f4e5e97a
お会計は2人分で4,000円でしたが、株主優待券4枚(4,000円分)で全額まかないました。


ということで、こんな感じでJグループHDの株主優待を使って、うな匠で“鰻とろ”と食べてきました。

JグループHDの株価は現在800円台なので、8万円ちょっとの投資でこのような“鰻とろろまぶし”が年2回食べれます。
10万円以下の投資で始められる飲食系優待銘柄としては、なかなか良い優待だと思います。
ただ、権利落ち暴落がしばしば見られる銘柄なので、注意が必要でしょう。






株主優待消化の為の東京旅行の記事一覧

4/16(日)











4/17(月)









4/18(火)