この記事を簡単に言うと

・2017年3月28日(火)に放送されたガイアの夜明けの動画「日本初の“宝の食材”を生み出す!」について紹介。

・動画前半はRBCコンサルタント社が開発した「バクチャー」について。
この粉を撒くと何もしなくても長期間きれいな水質を保つことができるという。

・後半は開発に30年かかった「宮崎県産キャビア」。
和製キャビアの海外発進出を追う。

・「水処理」に関する銘柄のまとめ。


↓ポチっと応援

にほんブログ村





2017年3月28日(火)に放送されたガイアの夜明けの動画に関して、メモ代わりに記事にしたいと思います。
20170328_gaia_txbizall_759_01_9


■番組慨要 
岡山県津山市のスーパーで人気となっている地元ブランドのうなぎがある。
「つやま青うなぎ」という養殖のうなぎだ。
「臭みがなく天然のうなぎに近い味がする」と評判になり、入荷のたびに売り切れるという。

このうなぎを生産したのは地元のRBCコンサルタントという会社だ。
RBC
本業は池や川の水をきれいにする水質改善。
火山岩の粉と天然ミネラルを配合した「バクチャー」という“黒い粉”を独自に開発、この粉を撒くと水中の微生物が活性化して汚染物質を分解、何もしなくても長期間きれいな水質を保つことができるという。

うなぎの養殖にこの技術を応用したことで、これまで養殖業者の大きな負担になっていた水を入れ替えるためのポンプ代や濾過するためのフィルター代などが不要になっただけでなく、常にきれいな水質を保つことで、“低コストで絶品”のうなぎの養殖に成功したのだ。
そしてRBCの杉山孔太さんが新たに挑戦するのが高級食材「アワビの陸上養殖」だ。果たしてアワビでも“低コストで絶品”を実現することができるのか。


宮崎市のとある“加工場”。
建物には「1983」の数字が…。実はここ、「キャビア」の製造加工場だという。
34年も前から“和製キャビア”の製造に挑戦し、2013年に商品化に成功。
社名はその名も「ジャパンキャビア」。
“日本製キャビアの代表”にという、社長の坂元基雄さん(55)の思いが込められている。

坂元さんは「メイドインジャパンのキャビアが作りたい」と、まったくの手探りからキャビア製造を始めた。
ノウハウはどこにもなく、その製造法はほぼオリジナルだ。
臭みのない繊細な味わいは、高級フレンチのシェフの舌もうならせるという。

そんな「ジャパンキャビア」の次なる狙いは、海外進出今年3月、日本初となる「キャビア」の海外輸出に挑む。
さらに坂元さんは海外を意識した、新たな“味”のキャビア製造にもとりかかった。


ガイアの夜明け「日本初の“宝の食材”を生み出す!」

動画



ツイート
冒頭は、水をきれいに浄化する粉“バクチャー”
水の汚い川や池に撒くと数週間で水質が綺麗になり、約1年間水質を維持
この水で育った…
恵比寿「モナリザ」
https://t.co/nDG3wvbppu
日本国産のキャビアが食べれるお店。
「日本産」と「米国産」、「フィンランド産」の食べ比べ。
米国産…濃厚な感じ
フィンランド産…粒が小さく、若干塩分が強め



■「水処理」関連銘柄一覧

        企業名市場コード  
クラボウ東証1部3106凝集沈殿・加圧浮上、ろ過・膜処理、脱色処理などを組み合わせた水処理装置
東洋紡東証1部3101海水の淡水化処理技術に強み、上水道向け水処理膜・排水再利用膜の開発
旭化成東証1部3407処理用基材や廃水処理施設建設、韓国下水MBR処理施設に「マイクローザ採用
クボタ東証1部6326浄水処理・下水処理などの水インフラ事業に豊富な実績、新興国に営業拠点
千代田化工建設東証1部6366水処理や土壌浄化などの環境エンジニアリング事業を展開、都市インフラに強み
栗田工業東証1部6370総合水処理大手。排水・下水処理、超純水供給、水処理薬品事業が成長
古河機械金属東証1部5715下水処理事業(水インフラ)を中心とした排水処理施設を設計・建設
日本化成東証1部4007生産工場やエネルギー発電設備向けの高負荷運転に適した排水処理設備
水道機工JASDAQ6403MBR(膜分離活性汚泥法)下排水処理、水処理エンジニア・海水淡水化プラント
日本ガイシ東証1部5333温超純水装置・膜分離装置・希薄排水処理装置を駆使する超純水製造システム
帝人東証1部3401水処理事業の中核装置である多段式生物処理装置「MSABP」が中国で採用
荏原東証1部6361三菱商事、日揮、荏原の3社で海外の水処理・水道インフラ建設・運用・管理
クリエイトJASDAQ3024排水器具や排水用鋳鉄管、排水集合管、給水管など汚水・排水処理部品
三井造船東証1部7003省エネで高機能、低コスト水処理・汚泥処理技術、最終処分場浸出水処理施設
日立造船東証1部7004イナートガス方式のバラスト水処理装置、脱酸素方式のバラスト水処理装置
日揮東証1部1963荏原製作所、日揮、三菱商事の3社で水ing(スイング)に共同出資(事業提携)
住友重機械工業東証1部6302上海に水処理会社の現地法人「住友重機械環境設備(上海)有限公司」設立
三菱レイヨン東証1部3404MBR(膜分離活性汚泥法)排水処理装置、下排水処理用中空糸膜フィルター
大王製紙東証1部3880排水を初沈槽、活性汚泥、凝沈槽、サンドフィルターと処理する排水システム
ダイセル化学工業東証1部4202水処理用各種分離膜モジュ-ルの技術開発、水処理システム、散気装置製造
新日本製鐵東証1部5401活性汚泥法による余剰汚泥の発生量を減す汚泥減量装置「バイオダイエット」
住友金属鉱山東証1部5713金属鉱山の坑内水、鉱石堆積場からの浸出水を浄化する坑廃水処理システム
富士電機E&C東証2部1775高度浄水処理施設設備工事、給水所電気設備工事、汚泥焼却炉電機設備工事
野村マイクロ・サイエンスJASDAQ6254高純度ハイテクノロジーを利用した総合水処理プラント
オルガノ東証1部6368半導体等の洗浄用の超純水の製造装置、イオン交換樹脂や水処理用の活性炭
ダイオーズ東証1部4653逆浸透膜浄水方式(ROシステム)ピュアウォーター・ミネラルウォーター
アタカ大機東証1部1978自動車工場、塗料系工場等の排水・排液中の有機化合物やダイオキシ処理
戸田工業東証1部4100活性汚泥処理法による有機物処理を効率化する余剰汚泥減容システム
富士電機ホールディングス東証1部6504NGK水環境システムズと富士電機水環境システムが合併し「メタウォーター」
三菱化工機東証1部6331農業集落排水・漁業集落排水処理施設、廃棄物最終処分場浸出水処理施設
前澤工業東証1部6489汚水処理施設や汚泥脱水設備、汚泥減量化システム、汚泥脱臭設備
ササクラ東証1部6303蒸発法による各種造水装置や逆浸透式の造水装置など水処理関連機器の製造
日東電工東証1部6988アルジェリアや中東の産油国で海水淡水化用逆浸透膜(SWC5)の大型受注
東レ東証1部3402水処理用膜の開発技術トップ「精密ろ過膜」、「限外ろ過膜」、「逆浸透膜」
月島機械東証1部6332低動力型高効率遠心脱水機やオールプラスチック製円形汚泥かき寄せ機の製造
日本トリム東証1部6788電解透析水(電解還元水)を生成する電解透析水整水器の製造・販売
OSGコーポレーションJASDAQ6757家庭用据置型浄水器やアルカリイオン整水器、業務用浄水器、家庭用浄水器
伊藤忠商事東証1部8001成都聯和環保科技有限公司が遼寧省瀋陽市の下水処理契約を受注
丸紅東証1部8002出資するオスモフローが液化天然ガス(LNG)開発向けの水処理設備を受注
三井物産東証1部8031ハイフラックスと設立したギャラクシーニュースプリング社と水事業に参画
住友商事東証1部8053北京首創股份有限公司、首創(香港)有限公司と水インフラ関連事業で提携
三菱商事東証1部8058TRILITY Group Pty Ltdが豪州政府より上水道施設の設計・建設、運営を受注

赤文字は個人的な監視銘柄)

「水」ビジネス関連の銘柄は、かなり以前から注目しています。
人間が生きていくためにやはり“水”は欠かせませんから。
2011年に起きた福島原発事故による汚染水問題で、ますます「水」に関心が集まるはずです。
そうでなくても、日本のように蛇口をひねるだけでそのまま飲めるくらい澄んだ水が手軽に入る“水事情”は海外で稀(まれ)
上記に記載した「水処理」関連企業の今後に期待です。





↓ポチっと応援