この記事を簡単に言うと
・「Try WiMAX」(トライ ワイマックス)の レンタルを実際に試してみたので、その感想についてまとめてみた。

・Try WiMAX レンタルは、クレジットカードを持っていれば誰でも利用できるレンタルサービス。
申し込み条件は
①国内在住の20歳以上の人
②クレジットカードを持っている人
③過去90日以内にTry WiMAX を利用したことがない人




我が家では「GMOとくとくBB」のWiMAXのWiMAXを使用してます。
これさえあれば月額5,000円弱でスマホと自宅PCのネットが使い放題。

しかし、先月はとあるミスで速度制限を喰らってしまい不便な思いをしました。
制限後のスピードは1.5Mbps、これだと動画がまともに見れません…
おまけに電波が悪く、圏外になることしばしば。
w02-5


 「Try WiMAX」(トライ ワイマックス) レンタル内容

こんな状況で私が取った苦肉の策は、Try WiMAX レンタルです。

Try WiMAX レンタルとは、クレジットカードさえあれば誰でも無料でwi-fiが借りれるサービス。
今回の私のようにwi-fiが急に必要になった場合や、wi-fiを使ったことがないので一度試してみたいと思っている人におすすめのレンタルサービスです。

基本的には誰でも借りれますが、クレジットカードの情報が必要となる関係で以下の制約があります。

【申し込み条件】

・日本国内に在住の20歳以上の方

・お申し込み者ご本人様名義のクレジットカードをご登録いただける方

・過去90日間以内に本サービスのご利用履歴がない方、また貸出機器の未返却履歴のない方



今回はとある日の午前中に申し込みをしましたが、翌日の夕方には届きました。
かなりスピーディに対応してくれるので、緊急時になんかに重宝できますねー。

ただ人気機種だと「在庫なし」の場合が多く、レンタルできないことも頻繁にあります。
Try WiMAX レンタルは一度借りてしまうと3ヵ月間サービスを利用できなくなるので、ここは希望の機種を借りておきたいところ。
在庫に余裕がある「午後4時以降」に在庫チェックしてみることがおすすめです



「Try WiMAX」レンタル 実際に利用してみての感想

では、実際に「Try WiMAX」(トライ ワイマックス) レンタルを借りてみての感想をまとめます。


「Try WiMAX」(トライ ワイマックス) レンタル 実際のレンタル品
NCM_9699
実際に届いた「Try WiMAX」(トライ ワイマックス) レンタル品がこちら。
さっきも言いましたが、申込みをした翌日に届きました。


「Try WiMAX」(トライ ワイマックス) レンタル 案内
NCM_9700
中には「Try WiMAX」(トライ ワイマックス) レンタルの案内と返信用の送り状が同封されています。


「Try WiMAX」(トライ ワイマックス) レンタル 中身
NCM_9701

NCM_9702
「Try WiMAX」(トライ ワイマックス) レンタル品の中身は

・WiMAX本体(この日はSpeed Wi-Fi NEXT W02)
・microUSBケーブル
・ACアダプタ充電器
・クレードル


の4点です。

実際に使ってみてなんですが、ネットの速さはサクサク。
通常のMiMAX品と何ら変わらない感じでした。

「クレードル」についてですが、最近のタブレットやPCはほとんどの場合wi-fi機能が付いているかと思うので、特に必要ないかと思います。
クレードルは別料金となるんですが、microUSBさえあればクレードルがなくてもネットができます。

「Try WiMAX」(トライ ワイマックス) レンタル、最大の注意点は「レンタル期間」
レンタルは15日間となっていますが、これは配送期間も含まれます。
なので、実際に利用できるのは10日間ちょっと。
返却が遅れると、賠償請求されるケースもあるので注意が必要なんです。

「Try WiMAX」(トライ ワイマックス) レンタルを利用刷る際は、その点を踏まえて十分に気を付けると良いでしょう。


GMOとくとくBB











「GMOとくとくBB」のWiMAX 関連記事

「GMOとくとくBB」のWiMAXの関連記事を下にまとめておきます。
そちらも参考にしてみてください。