この記事を簡単に言うと
・“キレ痔”や“イボ痔”に悩んでいる方に、【生薬製剤ピーチラック 《乙字湯》】とう漢方薬を紹介。
病院を受診したり薬局で説明を受ける必要がなく、通販で購入できる医薬品だ!

・“キレ痔”や“イボ痔”は、女性の6人に1人が悩む症状。
長時間のデスクワークなど、生活習慣が主な原因。

【生薬製剤ピーチラック 《乙字湯》】は、医療現場で使われている「乙字湯」と同じ成分が含まれている。
厚生労働大臣から認可を受けた“第2類医薬品”なので、健康維持を目的とした健康食品やサプリメントとは異なり、それなりの効能・効果がある。

・“恥ずかしさ”で病院に行かずに痛みを我慢している人、仕事が忙しくて薬局なんかに行っている暇がない人に、【生薬製剤ピーチラック 《乙字湯》】はお勧め。
処方せん不要で、自宅のPCやスマートフォンから簡単に注文できる!








厚生労働省の調査(平成26年患者調査)によると、6人に1人が“痔”の悩みを抱えているようです。
しかし、恥ずかしさ故に病院を受診したり薬局で薬を購入する患者さんは少ないようです。



■“キレ痔”や“イボ痔”の原因とは?
“キレ痔”や“イボ痔”の原因は、“生活習慣”が原因になっています。
その主な原因は5つ。
ot1

その1 長時間のデスクワークなどで座りっぱなし
これが一番多い原因の一つで、長時間座ったままだったり、同じ姿勢を続けていると血のめぐりが悪くなって、肛門の周辺がうっ血して、痔になりやすくなります。

その2 便秘などでの強いいきみ
排便の際に強くいきむと肛門周辺の血管に強い負担がかかり、痔の原因となります。
また、硬い便などは肛門を傷つけてしまい、きれ痔の原因にも…

その3 睡眠不足
十分な睡眠がとれてないと、排便のサイクルは悪化します。
その結果、便が硬くなったり下痢などになったり、痔の原因になります。

その4 食習慣の悪影響による排便
硬い便や下痢などは痔を発症させる原因となります。
偏りがちな食生活では快食・快便な生活を送ることはできません。

その5 辛い食べ物など刺激物、アルコールの過剰摂取
辛い食べ物は排泄時に肛門を刺激するため、症状を悪化させることがあります。
また、アルコールは血行を促進するため、うっ血をひどくさせ、痔の症状が悪化する恐れがあります。


いかがでしょう?
“キレ痔”や“イボ痔”に悩まれている方で、この5つの原因に心当たりがある方もいるかと思います。

「人に知られるのが嫌だ」
「恥ずかしくて他人に言えない…」
こんな潜在的な悩みを抱えている人、特に女性の方は多いです。
さらに、自覚症状がない方でも“きれ痔”や“いぼ痔”の患者数は日本に“10万人以上”いるとも言われており、今後この数はますます増加するとも言われています。

そんな、人に言えない“キレ痔”や“イボ痔”で悩んでいる方にお勧めしたいのが、今回紹介する【生薬製剤ピーチラック 《乙字湯》】なんです。


【生薬製剤ピーチラック 《乙字湯》】について詳しくはこちら



■“キレ痔”や“イボ痔”の他、“便秘”や“脱肛”にも効果がある6種類の生薬を配合した「乙字湯」
【生薬製剤ピーチラック 《乙字湯》】は、医療現場で使われる「乙字湯」と同じ成分で、“キレ痔”や“イボ痔”の他、“便秘”や“脱肛”にも効果がある6種類の生薬が配合されています。
ot2

トウキ(当帰)…血の循環を活性化する作用を持つ生薬。鎮痛、鎮静、強壮などに効果があります。

サイコ(柴胡)…炎症を鎮める作用を持つ生薬。サイコサポニンという成分がステロイドと同じように免疫の過剰反応を抑えます。

ショウマ(升麻)…解熱・解毒の作用がある生薬。脱肛・子宮脱などに用いられます。

オウゴン(黄芩)…細菌が出す毒素によって引き起こされる腸粘膜の炎症を修復し、全身状態を改善してくれる生薬。抗菌作用、解熱、利尿、抗アレルギー、解毒作用、肝機能の活性化などに用いられます。

カンゾウ(甘草)…緊張を緩和させる作用を持つ生薬。鎮痛、鎮痙(ちんけい)、解毒、鎮咳(ちんがい)などに効果があります。

ダイオウ(大黄)…瀉下効作用を持つ生薬。腸内細菌の作用でレインアントロンに代謝され、瀉下作用を発現。緩下(かんげ)、消炎、健胃および駆瘀血(くおけつ)作用があります。


【生薬製剤ピーチラック 《乙字湯》】は処方せん不要で通販で購入できる!
pic-cnextff
“切れ痔”や“いぼ痔”となると病院を受診したり薬局に薬を買いに行ったりしないといけません。
しかし、その“恥ずかしさ”故に痛みを我慢している人も多いのが実情。
普段の仕事が忙しくて病院や薬局なんかに行っているヒマもない!という人も多いかと思います。

そんな方はに、処方せん不要で購入できる通販【生薬製剤ピーチラック 《乙字湯》】
はお勧めです。
他人と顔を合わせる必要がないので、“切れ痔”や“いぼ痔”であることを人に知られる心配がありません。
ズボンやスカートを下して肛門を見られる、といった恥ずかしい医療行為を受けずして、“キレ痔”や“イボ痔”の治療が行えます。

【生薬製剤ピーチラック 《乙字湯》】は厚生労働省から認可を受けた“第2類医薬品”です。
i-pch
健康維持を目的とした健康食品やサプリメントとは異なり作用が強いので、それなりの効能・効果が認められています。
そもそも「乙字湯」は現在も医療現場で頻繁に使われている“キレ痔”や“イボ痔”の治療薬。
そんな特効薬が、病院での受診や処方せん、薬局での対面購入なしで、自宅のPCでクリックするだけで注文ができるのです!

そんな嬉しいことだらけの【生薬製剤ピーチラック 《乙字湯》】
ぜひ一度試してみてはいかがでしょう?

【生薬製剤ピーチラック 《乙字湯》】について詳しくはこちら